地域包括支援センターとは

センター長挨拶

当センターは、安来市の委託事業として高齢者をはじめ、地域住民の皆様の生活支援の総合相談窓口として、平成 20 年 4 月 1 日より開業いたしました。
地域で暮らす一人暮らしの高齢者の方、認知症の人やご家族の方などが、安心して生活が続けられるよう必要に応じ、保健・医療・福祉・介護・地域の助け合い活動など様々なサービスや事業が利用できるようよう関係機関と連携して支援をさせていただきます。
経験豊かな保健師 (看護師)、社会福祉士、主任介護支援専門員が親切、丁寧、迅速に対応させていただきますのでいつでもお気軽にご利用ください。

また、市民の皆様をはじめ、行政、医療機関、介護事業所、社会福祉関係機関・団体等との連携・協働のもと、誰もが住み慣れた地域で暮らせるため「地域包括ケアシステム」(医療・介護・予防・生活支援・住まいの一体的な提供) の推進に貢献いたします。

センターの主な業務紹介



総合相談支援業務
介護、福祉、医療、健康など生活のなかでお困りのことやご心配なことがありましたら、地域包括支援センターへご相談ください。
お困りの方ご本人はもちろん、ご家族や近隣に暮らす方からのご相談やお悩みをお聞きし、様々な制度や地域のネットワークを活用して、適切にサービスを受けられるよう支援します。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

権利擁護業務
高齢者のみなさまが、地域において安心でいきいきとした生活をおくることができるよう、さまざまな権利を守ります。
不当な扱いを受けて本来の権利が侵害されることのないよう、成年後見制度の紹介、高齢者虐待の予防・早期発見、悪質商法の被害を防ぐ取り組みなど、高齢者の権利擁護のために必要な支援をおこないます。
令和元年度権利擁護推進セミナー
ご存知ですか?高齢者虐待

介護予防ケアマネジメント業務
高齢者のみなさまが健康でいきいきと暮らし続けられるように、生活のしかたやサービスの利用などについて助言・紹介するなど、健康づくりや介護予防のお手伝いをし、適切なサービス計画を作成します。
また、地域包括支援センターでは、介護保険サービス利用のための相談のほか、介護認定申請の相談を受け付けています。
介護予防事業(こけないからだ体操)

包括的・継続的ケアマネジメント支援業務
高齢者のみなさまが住み慣れた地域で生活していくために必要なサービスが受けられるよう、地域の介護支援専門員 (通称ケアマネジャー・ケアマネ) への指導・支援、医療機関や関係機関等との連携等を行います。
高齢者のみなさまにとって暮らしやすい地域となるよう、ネットワークづくりを行います。

地域ケア会議の開催
高齢者のみなさまの様々な個別課題の解決を図るとともに、地域に共通した課題を明確化します。地域課題の解決に必要な資源開発や地域づくりなどにつなげていきます。
地域ケア会議(校区別・地域ケア推進会議・自立支援型ケアマネジメント会議)


介護保険サービス事業所につきましては、下記「安来市介護保険事業所ガイド」をご覧ください。

職員体制

センター長
基幹センターひろせ 主任介護支援専門員 2 名
看護師 1 名
社会福祉士 1 名
社会福祉主事 1 名
介護支援専門員 2 名
事務職 1 名
サブセンターやすぎ 主任介護支援専門員 1 名
主任看護師 1 名
社会福祉士 1 名
支援相談員 1 名
介護支援専門員 2 名
サブセンターはくた 看護師 1 名
社会福祉士 1 名
介護支援専門員 1 名
認知症地域支援推進員(専従) 2 名
ケアマネジャーから包括への連絡 「地域見守り(気づき)シート」